aspotaトップ会員登録(無料)お気に入りアスリートに追加更新お知らせメールを受信サイトマップ

« 2010年01月 | メイン | 2010年03月 »

2010年02月 アーカイブ

2010年02月04日

indianapolis day 1

みなさんこんばんわーー!!

先日は世界戦で、アメリカはINDIANAPOLISに行って参りました!!


とりあえず一日目からレポートです☆


DAY1 28日

出発の前

天気はあいにくの雨


成田まではアクセスしやすいバスで行きました。

今回はほぼ完全に一人旅。

旅の友はこいつだけ。

DSC02303.JPG


pm7時出発でしたが、心配だったので3時に着きチェックイン

ここから行きはかなり早かった!!


ただこの後の自分の運の無さはまだ知らず…

まずはシカゴに行き、初のアメリカでテンションUPが、


すぐにダウン↓

なんでこんなに入国審査が厳重なんだ 汗


もちろんサイトシーイング笑  なんてものは発言する簡単な事は聞かれず、

やっとこさ乗り換えしました。

INDIANAPOLISってどんなとこかと期待してましたが、

乗り換えの飛行機は40人程度の小ささの飛行機で、


添乗員はみんなジョークを言い合いながら仕事をして、


これがアメリカンな感じねと。うきうき。

飛行機の時間約14時間でやっと到着☆

PM7時20分。

彼が迎えに来てくれました。

そうジャッキーチェーンのBMXスタントマン

ジェシー☆

DSC02309.JPG

いつもみたいに軽快に

WHAT UP MEN !!!と来てくれました。

主催の方とも合流しましたが荷物がなかなか出てきません。


荷物…


荷物は?

そうです!!


カバンが違う飛行機に行きました。

まぁそのときはそんなへこまなかったけど

一日目のJAM会場の 


RED BULL の倉庫へ移動


DSC02348.JPG


本当に寒かった。

車も全部凍っててマイナス10度以上の世界でした。

車が無かったら本当に死んじゃう国です。

車で10分ほどで会場到着しました。


バンッ☆

DSC02308.JPG

もちろんそれはそれは豪華なメンツで!!

世界チャンピオンのマティアスやテリー。

ドミニクやコリーなどなど各国から30から40人くらい居ました。

気負いしながらもチャリ無しでJAMを鑑賞してました。

こんなにチャリが乗りたかった日は久しぶり。


日本は毎日練習が出来るだけで幸せなんだ!!と


かみ締めながらひたすらコミュニケーション☆


DSC02313.JPG


バン

DSC02328.JPG


ババン


DSC02324.JPG


写真

DSC02310.JPG


トイレにはさすがにRED BULLの倉庫だけあって

関連グッズがいっぱいありました。

DSC02317.JPG


DSC02326.JPG


本場?BOXレース

DSC02327.JPG


なんか有名らしいが、


誰のかわからなかったグラフィティー

DSC02342.JPG


皆で23時くらいまで乗って

さすがにこの時点で日本出てから25、6時間経ってたので

ご飯行かないって誘って

皆で本場のジャンクFOODを頂きました。

DSC02344.JPG


DSC02346.JPG


DSC02345.JPG
辛すぎーー
スパイシーーーーー


ジェシーとこの前の日本の思い出を語ってホテルに帰りました。

DSC02350.JPG


ふぅー

ハードは初日だった。

楽しくって一瞬で初日終了!


DSC02351.JPG

DSC02353.JPG


おやすみなさい★

2010年02月05日

indianapolis day2

INDIANAPOLIS DAY2

おはようございます☆

DSC02354.JPG

といってもA.M4.30


あーやっぱりこうなります

時差です。時差


約12時間丸っきり正反対な昼夜に全然寝れませんでした。


DSC02352.JPG

まずは自分のバイクをセットして

ゆっくり時間を潰して

朝8時に会場に自走で移動しようと試ました。


本当は昼3時からの練習みたいですが、

前日チャリをなくした自分はどうしても早く乗りたくて

DSC02369.JPG

地図を手に会場を探す事30分

広すぎです。。


結局3日間で一人も歩いてる人は見ませんでした。

むしろ日本が狭すぎなのか目に見える地点に

食べ物屋一つもありません。

やっぱりホテルに帰りタクシーで行こうと道を

ホテルに居た人に尋ねると

すごい親切に対応してくれました。


と、

色々してたらなんとやっと


プロライダー三沢さん発見

DSC02447.JPG

あー良かったー☆


もう安心だ!!

結局練習も3時からしか無理っぽくて


三沢さんの部屋で3時間くらいコーヒーを飲み


DSC02357.JPG

もう一度下に集合


居ました居ました。


コリーや以前トロントで知り合ったライダー達と会場まで移動

DSC02366.JPG


DSC02368.JPG

到着☆

DSC02374.JPG

おう!!ここだここ!!


会場は航空関係の大学の中の倉庫で行われました。

こんなのや

DSC02370.JPG


こんなの
DSC02371.JPG


ヘリまであります

DSC02376.JPG


しかも飛行機は乗れちゃいます!!!

DSC02394.JPG

自分ももちろん


DSC02396.JPG

RED BULLって本当にすごいね☆

飛行機にもプリントして路面にも

RED BULL☆

DSC02386.JPG

ライダーも集まり路面でテンションがあがりましたが

DSC02377.JPG


すぐにダウン↓笑


皆さん動画はもう見ました?

そうです

俺の技スピード遅いでしょ?

そうです。

半端なく滑るんです汗

滑るだけなら過去最高の滑る路面でした。


皆洗剤で毎回タイヤを拭いたりして乗っていましたが。

普通に乗れてたのはシカゴのMATTくらいですね。


この日はライダーとのコミュニケーションDAY。

夕方になりライダーも集まり奥になんか異様な集団が居ました。


うわぁー


ここが一番テンションあがったかもー

だって


ブライアンや
DSC02403.JPG
やっぱでけー
2メートル越え


スコットパウエル
DSC02414.JPG

自己紹介したら君の事はネットで良く聞くよと言ってくれて。


名作グランドワークスというビデオを見てチャリを始めた自分には

なんともいえない感覚。

とうとうここまで来たかっていう感覚。

よしっ頑張ろうって所で時差で具合が悪くなり

P.M7時に先にホテルに帰り就寝してしまいました。


明日は本番だー 

頑張るぞ!!

おやすみなさい★

動画

http://vimeo.com/9196653

まずはこれはアマの上位とプロクラスの予選前と予選の映像です。

自分が出てる後半の3本は予選のランです。

2010年02月07日

Indianapolis Day 3

とうとう決戦の日☆

自分はいつも大会はみんなに会えるテンションで寝れないので

睡眠薬を使い無理やり体力回復!!


朝7時半に起きていい感じ。

チャリがなくなったし

前日はあんまり乗らなかったし、

これまでにない全快具合!!


正直自分は大会自体には緊張はない


もちろん今大会も


今回の大会一番幸運だったのは


2番手で予選のランをした事


ルールは2分半一本勝負。


妥当に考えて自分が一番戦い方にムラがある


今回のテーマである


・3回以上同じ技をトライしないのと


・確実に決まる1本を用意する。


を完全に頭に入れていざ予選に!!

1本目に技をミスしすぐに修正

2本目失敗

そして3本目も…

最近恒例の負けパターン

すべての決めれる技を完璧に1回づつミスし

ちょうど50秒ほど時間が経過。


もう絶望的かと思ったけど、

それでは今回の旅のテーマが台無し。


始めからまたやり直し

後半は完全に決めれて


会場もいい流れでした。

自分で言うけどあそこまで修正できたのは今回が初めてだと思いました。


ただここからが悪夢でした。


正直海外のレベルの高さをなめてました。

自分以外の有力選手は誰一人として立て続けてミスをせず

上位はフルメイクが当たり前で

2,3本のミスがあるほうが珍しいくらいでした。

みんな滑っ乗れないよーっとか言ってたじゃん!!!

と思いつつも


まだ自分は何とか予選を通れると信じていました。

そして結果は

1st Matthias Dandois
2nd Matt Wilhelm
3rd Shintaro Misawa
4th Jesse Puente
5th Dominik Nekonly
6th Jean William Prevost
7th Cory Fester
8th Terry Adams
9th Moto Sasaki
10 Aaron Frost
11 Andy Cooper
12 Scott Ditchfield
13 Joe Miller

Top 8 will enter the finals.

上位8人予選通過。

あー終わった…泣き

実は予選の発表は自分はテリー、コリーと

奇跡の同率の7位。。


だって100点満点を5人で3人とも383点ですよ。笑


ですが、

足つきの回数が1回多かった為自分が敗退

本当に悔しかった。

この時時間が4時30分

決勝は6時開場でした。


決勝ライダーが練習してるのを見て

ひたすら悔やみ

6時に観客が入り

もう一度選手の読み上げ


ここでいきなり呼び出されました。


内容は

足つき×5人分引かれるポイントが
コリーの足つきポイントが1人分入っていなかったらしい。


もちろんコリーは?顔でした。


主催もルールだからもとが出ろって


正直自分は泣きました。


3年前初めて海外で一緒に乗ったコリーと

まさかのトラブル


二人で出る事も考えましたが、

コリーは紳士にお前が勝ったんだからお前が

行けって。。

嬉しいのか悲しいのかわからないまま

バトルに入り

マティアスと対戦


実はコリーもマティアスと戦いたいのを

自分は知っていました。


だからどうしても技を決めたかった。


動画で自分が気合い入っているのがわかると思います。


今回は2人で戦っていたから勝てたんだなーって心から思います。


今回のバトル


自分が最後の技をする時に

拳を交わしているのは


そのコリーとです。。

勝てたからではなくもし勝てなくても自分の中での

多分生涯最高の戦いでした。

http://vimeo.com/9219357


この後は正直殆ど記憶がありません。

だけど最後まで佐々木 元を世界で魅せれたと思っています。


2回戦 相手は日本の三沢さん


正直一番最近は戦いたくない相手

三沢さんというか相手はもう一人の自分って感じで


でも

試合では負けたけど


しっかり自分のランは出来たと思っています。


もう殆ど記憶は無いですが、


しっかり決めたし!!


悔いがない戦いでした。

ただ世界の三沢さんの人気と安定感は本当にとんでもなかったです。


ありゃ化け物だー汗


3位決定戦は自分を見せたいと

ランのすべてハードなトリックに挑みました。


負けたら何も残らないのはわかっていたけど


どうしても攻めなきゃって思った。

チャリ始めた時に初めて言ったKOG


知らない人ばかりで知らないトリックに

すごい感動して

また次のkogにはまた新しい動きをしてるプロがいて


毎回それが楽しみですげーテンション上がって!!


今では技が難しくなりすぎて時代がついてかなくなりそれが少なくなって。


いつの間にかすぐ動画が海外に流れてしまい。。

現場に居るからこその感動ってあるんじゃないかな。って

すごく思う時代になりました。


今回の3位決定戦はそれを魅せたいってのが強く出てしまいました。


結果ノーメイク。


でも今回は自分に良くやったと褒めてやります。

%E8%A1%A8%E5%BD%B0.jpg


1. Matt Wilhelm
2. Shintaro Misawa
3. Dominik Nekolny
4. Moto Sasaki.


決勝のムービー

http://flatmattersonline.blogspot.com/2010/01/fight-with-flight-final-battle-video.html


自分は世界で優勝するまでは俺は最善を尽くします。

雪でも雨でも関係ない

環境は結局自分に言い訳


最善を尽くして駄目ならしょうがないですね!!

よしっ!


明日も頑張ろう!!

長々とすいません試合で写真どころではありませんでした。


こちらでお楽しみください!!


写真コーナーはこちら

そして予選の総集編と


決勝の総集編

あーーー


楽しかったぁぁぁーーーーーーー☆


DSC02464.JPG

Calendar

2012年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

JYKKJAPAN

UBIQ SHOES

スロープショット

http://sunsalm.jugem.jp/